山梨県の外断熱・高気密の地熱住宅・住まいの設計と施工/山梨県韮崎市・北杜市周辺の土地・中古住宅不動産情報

オザワホーム

山梨県の土地探しも当社にお任せ下さい。

contact.png
ごちらからご連絡下さい。Tel : 0551-22-3699

オザワホーム施工ブログ手掛けている物件の様子など


          DSCF1508syusei4.jpg
          17年07月23日
『外断熱地熱住宅』建設しています!

《もうすぐ完成です。》今回は和風の建物に仕上げています。お施主様が年配の方です。都会に住んでいましたが、こちらに戻られこれから自然を満喫しながらお住まいになると言う事です。純和風仕上げです。完成致しました。 ≫ もっと読む

          DSCF1479syusei4.jpg
          17年07月18日
『外断熱地熱住宅』建設しています!

《 もうすぐ完成まじかです。》今回のお客様のお風呂は、こんな感じのお風呂を選んで頂きました。正面は、黒い感じの壁で3方は白い感じの壁に成りました。落ち着いた感じのお風呂になりました。これは何処の場所のなんだと思いますか?台所の出入り口になります。外に出るのに履物が外に有ると濡れてしまったり日焼けしてしまったりするので部屋の中にどうしても沓脱スペースを欲しいとの事で沓脱スペースを取りました。確かに正解ですね! ≫ もっと読む

          DSCF0909syusei4.jpg
          17年07月15日
『外断熱地熱住宅』建設しています!

トイレの換気扇の回りもこの通り、断熱材で隙間をふさいでいます。ここの部分は、内部の匂いを外に出していますので他の部分とちがい出す部分外から隙間風が入って来ます。要注意部分です。この写真は、窓の枠を止める金物です。隙間を作り枠を止めます。その隙間に、断熱材を吹き込み隙間を埋めるのです。ピッタリ付けたと思っても、必ず隙間風が入ってくるからです。 ≫ もっと読む

          DSCF0812syusei4.jpg
          17年07月07日
『外断熱地熱住宅』建設しています!

《 屋根工事にとりかかりました。》瓦屋根工事に着手しました。下地工事としまして屋根下地の上にローフィングと言う防水紙を張ります。その防水紙にもいろいろあるのですが、当社で工事をして頂いている工事屋さんは写真の防水紙を張ります。工事中も雨に降られたりしても横に打った木の下を雨が流れ落ちるように考えられた防水紙を使っています。表面にぼつぼつの小さいゴムのつぶが付いています。工事屋さんも紙の上を歩いても表面が滑らないようになっています。また、すぐには破れない素材で出来ています。 ≫ もっと読む

          DSCF1357syusei4.jpg
          17年07月01日
『外断熱地熱住宅』建設しています!

《 独自の換気システムで、快適生活です。 》 今日は、小屋裏に換気システムを取り付けています。当社では独自で考えた空気循環システムを建物に採用しています。メーカーのシステムを採用して取付けますとかなりの金額になってしまうので、自社で考えたシステムを取り付けコストを抑えています。今日はこのほかにベランダの防水工事を行いました。当社は、シート防水を採用しています。今までに防水工事を行って来ましたが、1件の雨漏りの報告も有りません。自慢の一つです。 ≫ もっと読む

          DSCF1340syusei4.jpg
          17年06月16日
『外断熱地熱住宅』建設しています!

【一番大事な断熱施工】断熱材を張りつけたところです。これからジョイントとなる部分にテープで隙間をなくします。このような断熱材を利用しています。 ≫ もっと読む

          CIMG1188syusei4.jpg
          17年06月01日
『外断熱地熱住宅』建設しています!

今日は、シロアリ消毒に来て頂きました。外部には構造用合板を張っています。断熱材を張る前に消毒をして置きます。外部は、シロアリの入りやすい所なので念入りに施工しています。 ≫ もっと読む

          DSCF0656syusei4.jpg
          17年05月13日
『外断熱地熱住宅』建設しています!

" だいぶブログの更新が空いてしましました。"現在建設中の建て主様または、もう建てられてしまった方、このような事を行って建築しましたか?または、建築していますか?大事な施工方法ですので現在建てられている方は建築会社にお願いして見てはどうでしょうか?窓の周りから隙間風やもしもの雨水の進入を防ぎます。外の断熱材に関しては、板状の断熱材を使用しています。外側をすっぽり断熱材で囲ってしまいます。これですと建物は非常にあったかく成ります。断熱材のつなぎ目は写真の黒いテープですべてふさぎます。 ≫ もっと読む

          DSCF1298syusei2.jpg
          17年03月18日
『外断熱地熱住宅』建設しています!

韮崎市穂坂町に外断熱地熱住宅を建設中です。只今、ここまで作業が進んでいます。躯体の上棟は1月半ば頃でした。外断熱工法は、屋根を2回張らなくてはならないので少し時間が掛かってしまいます。建物の隅には4ヶ所ホールダウン金物を入れています。これにより耐震にも堪えるようになっています。今は、標準仕様で入れるようになっています。 ≫ もっと読む

          CIMG0550.JPG
          17年01月20日
あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。(かなり遅い挨拶になってしまいました。)今年もよろしくお願いします。新築住宅建設の方も始まったりしております。眺めがよい所ですが、風通りもよいので冬に工事するのは寒くて大変です。工事をしてもらう方々にはいつも寒い中仕事をして頂いて感謝でいっぱいです。鉄筋の配筋の方も決められた寸法以上の構造物に仕上げていきます。今回も基礎の外側で断熱材を入れて暖かい建物になるように基礎から取り組んでいきます。綺麗な基礎が完成です。細かいことですが、土を埋め戻す前に防蟻剤も撒いたりし ≫ もっと読む

          DSCF9662syusei10.jpg
          16年10月25日
『 ラストスパートです。』・11月から見学可能!

《 別荘・永住どちらも可能です。》生活便利な場所になります。外部は、足場が取れ建物本体が見える状態です。只今、玄関入り口にデッキを掛けている状況です。天気が良ければ2日くらいで作業は終了するのですが!薪ストーブが完成致しました。今回は、自社で施工致しました。 ≫ もっと読む

          DSCF9637syusei10.jpg
          16年10月18日
『 もうすぐ、完成致します。』・10月末完成予定!

《 あこがれの薪ストーブの設置!》屋根に付きだして出ているのは、あこがれの薪ストーブのエントツです。今回、本物のストーブにこだわり当社で自社施工して取り付けました。エントツは、断熱二重煙突を採用しています。どこが違うかと言いますと火災に対しての安全性、断熱性能、保温性能やその他いろいろです。二階天井と床との部分のエントツの様子です。この部分に二重煙突を採用しています。火災ややけどなどの問題が有ると思いますが最後まで手を抜かずしっかり施工したいと思います。 ≫ もっと読む

          DSCF9454syusei9.jpg
          16年10月03日
『 壁体内の断熱材に関して!』・発泡剤による断熱方法!

《 吹付による断熱材 》今、流行り出した吹付による断熱材施工です。発砲材による断熱です。グラスウールなどの綿材の断熱材より確実に隙間を防げて効果が有ると思います。 ≫ もっと読む

          DSCF9377syusei8.jpg
          16年08月30日
【 屋根工事に着工しました。】・・・急こう配な屋根です。

《 太陽光発電システム載せたいのですが?》 太陽光発電システムを考えていましたが予算の関係で!建物自体は、オール電化住宅で建てているので将来は?南側正面からの写真です。煙突は薪ストーブようです。太陽光発電システム取り付けたかったのですが、薪ストーブに負けてしまい薪ストーブを付ける事にしました。 ≫ もっと読む

          DSCF9359syusei8.jpg
          16年08月22日
【 建て方が完了しました。】・・・構造躯体

『 自社で内部は施工します。』 8月13日に躯体を立ち上げてからお盆休みなどが有りようやく屋根が葺けるようになりました。雨などが降っても大丈夫まで作業は進んで来ました。南東側から建物を撮影しました。屋根には、薪ストーブ用の煙突が付き出ています。 ≫ もっと読む

          CIMG0334syusei8.jpg
          16年08月11日
【 躯体の作業状況です。】・・・構造体の建て方です!

《 2X4枠組み壁工法 》開始そうそう、このような作成されて来た壁を順序良く建てて行きます。2面の壁をつなぐ所です。直角になる為これで倒れません。完成したような感じに思えてしまいます。 ≫ もっと読む

          CIMG0311syusei8.jpg
          16年08月10日
【 床張り工事 】・・・ネタレス床板張り!

『今日から床張りです。』 土台、大引きを升目に組み床を支える鋼製束を床下のコンクリート部分にセットしてさあ!床板張りになりました。2通りくらい張った状態です。厚さ28mmと下地材ベニヤですが厚くてしっかりした床になりました。床を支える鋼製束です。コンクリートにボンドで接着しました。 ≫ もっと読む

          IMG_0625.JPG
          16年08月06日
【 床の構造は、こんな感じ!】・・・ネダレス工法かな?

《 床の下地作業は、こんなふうにしています。》外部の足場より床組をを撮影しました。土台と大引きの様子です。升目に仕上がれば鋼製束で建物の床を支えます。土台、大引きがほぼセットされた状態です。この後に鋼製束で床を支えます。 ≫ もっと読む

          CIMG0294syusei8.jpg
          16年08月05日
【 シロアリ消毒 】・・・床板を張る前に消毒を!

〈 業者によるシロアリ消毒 〉 新築住宅、5年保証致します。基礎の外側部分の消毒をしています。土壌を含め外からのシロアリの侵入を防ぐ事をしています。 ≫ もっと読む

          CIMG0279syusei8.jpg
          16年08月04日
【 床工事 】・・・土台敷き作業!

〈 今日から、土台を敷く作業を行いました。〉現場には、朝 8時頃には材料が搬入されていました。土台を敷く前に基礎の上にシロアリ防止の白アリテープ(アリダンテープ)を貼りその上に土台を載せて行きます。 ≫ もっと読む

          IMG_0578syusei8.jpg
          16年08月02日
『 基礎が完成しました。』・・・外断熱工法の基礎!

" 外断熱工法の基礎完成 "《 完成状況のお知らせ!》今日は、基礎の型枠を外して整地を行う状況です。整地を行う前に基礎の根元にシロアリ用の薬をまいて置きます。もしもの事を考えると、ここまでしておかなければ心配です。断熱材も防蟻処理された断熱材を使用します。一般用の断熱材だとかえってシロアリを呼んでしまいます。断熱材の外側部分は、左官さんにより保護モルタルを塗って貰いました。 ≫ もっと読む

          CIMG0115syusei7.jpg
          16年08月01日
【 基礎の外側のモルタル塗り 】 断熱基礎の施工方法!

" 外断熱工法の基礎施工方法 " ベースコンクリート打設前の鉄筋の検査の状況です。鉄筋のピッチ(間隔)等を測っています。また、鉄筋の配置や本数が適正に施工されているかを検査します。立ち上がり部分の検査状況です。300ピッチ間隔に適正に配筋されています。 ≫ もっと読む

          CIMG0158.JPG
          16年07月27日
【基礎工事が進んでおります。】

"みなさんこんにちは!"『高根町五町田の新築工事の基礎工事』 進んでおります。基礎用断熱材を基礎の外側に取付けます。ベースを打ち、やっと建物の基礎らしくなってきました。今日は、基礎の立ち上がり部分のコンクリートを打っています。型枠内部にコンクリートを流し込んでいきます。コンクリートを受けて型枠に流し込む道具をバケットと言います。写真の使用している緑色の物がそれになります。コンクリートは固まるまで2~3日間 しばらく養生します。工事をしていると、よくお隣の方などが見に来られます。一通りどんな建物 ≫ もっと読む

          CIMG0003syusei7.jpg
          16年07月08日
『 床掘を開始致しました。』 良い底地が出て来ました!

《 大変暑い日でしたが!》作業開始1日目、重機による床堀りです。一時間も作業をすればかなりの作業となります。 ≫ もっと読む

          DSCF8649syusei6.jpg
          16年06月28日
『 水盛り・やり方 』 建物の位置決め!

" 建物の位置を決める作業を行いました。"今日は朝から雨が降っていましたが基礎屋さん仕事に来てくれました。建物の位置決め(水盛り・やり方)工事です。雨もそれほど強く降らず2時間くらいで作業も終わりました。写真がヌキ等を掛け終えた状態です。これから始まります! ≫ もっと読む

          DSCF0704syusei6.jpg
          16年06月27日
『 地鎮祭を行いました。』 新築建売住宅として・・・

" 北杜市高根町五町田の地鎮祭 " 新築モデル住宅兼建売住宅です。敷地全体を南西方向から撮影しています。準備が整った状態の神殿です。 ≫ もっと読む

          DSCF8294syusei6.jpg
          16年06月25日
【 分譲地造成中です。】 北杜市高根町上黒沢・・・

《 自然がいっぱいの、ゆったりとした分譲地になります。》北側(八ヶ岳方面)方向を撮影しています。北側には、まだまだ山林の木が立ち並んでいます。冬の北風を遮ってくれます。陽だまりの温かさがあると思われます。西側を撮影しています。南アルプスの山並みが一望できます。奥側は、入り口より5m位の高低差が有り高台から入り口側を見下ろして見れる風景と成ります。 ≫ もっと読む

          DSCF8613.JPG
          16年06月23日
『 計画中の分譲地に!』 なごやかな感じです。

" 親子かな~!"今、計画中の分譲地に雄のキジが(2羽)遊びに来ています。周りには、まだまだ林がいっぱいあり自然がいっぱいの環境です。一部立木の伐採を行っていた時ですが雄雌で行動していたのを目撃していたのですが、近くに(10mくらい)来たのは今回初めてです。 ≫ もっと読む

          DSCF6083syusei8.jpg
          15年08月06日
『 ラストスパートです。』

※仕上げ工事ラストスパートです。浴室が大きい方ではユニットバスではなく手作りの浴室を造っています。今日は、タイル屋さんによるタイル貼りが施工されていました。目地割で苦しんでいるようでした。ネット貼り施工です。9枚のタイルが1シートに貼って有るタイルを床面に貼って行く工法です。下地がしっかり出来ていると貼るのも早いですね!あっと言う間に半分くらいを貼ってしまいました。 ≫ もっと読む

          CIMG9023syusei7.jpg
          15年07月30日
『 もうすぐ仕上げ工事もラストスパートです。』

※外部の基礎塗り工事基礎工事が完成して基礎の保護モルタルをすぐに塗る作業を行うのですが昨年基礎が仕上がったのが12月半ばでした。その頃は、すでに凍結の事や雪の影響などが発生していたので最後の外構工事に置くなう事にしていました。その工事がここに来て行っています。時期的には良い季節です。基礎のベースまで基礎塗りは行います。仕上げのGLより―5㎝位でほとんどの会社では終わってしまいますが基礎断熱を行う工事ではしっかりとベース底まで仕上げて置かないとだめですね! ≫ もっと読む

          DSCF5550syusei7.jpg
          15年07月21日
『 ようやく入梅が開けましたね!』・・・暑いです。

※ もう少しで完成します。只今、急ピッチで仕上げ工事。ようやく入梅も開け良い天気が続くようになりました。外部の足場も取れて外部がはっきり見えるようになりました。そんな中ストーブ屋さんが足場の取れる前に外部の煙突を取り付けていました。エントツが取り付くとより一層外部の感じが良くなりました。ここ大泉の地域には薪ストーブが似合いますね!内部には、こんな感じに煙突が出ていました。あとは、外部の壁が仕上がりますと薪ストーブの設置となります。ストーブ屋さんと今日はお話が出来ストーブの解らなかった部分の疑問点 ≫ もっと読む

          CIMG8819syusei7.jpg
          15年07月08日
"入梅時期ですね!" いつまで続くのですか?

※ 今月に入って天気の悪い日が続いていますね! いまではお風呂もユニットバスがほとんどですが1,5坪を超えるとユニットバスも金額的に高くなったりしてほとんど対応が出来なくなってしまいます。今回のお風呂も大きさが1.5坪以上なので対応出来なくなり昔ながらの対応方式となりました。浴槽と手すりもセットしました。このような下地づくりをしなければなりません。ユニットバスと同じような仕上がりに仕上げなければなりません。 ≫ もっと読む

          CIMG8790syusei6.jpg
          15年07月02日
『 内部の工事に関して!』

※今日は、内部の工事について説明致します。この写真は、部屋の入り口に設置のドア―です。輸入仕様のドア―です。パイン無垢材で造られています。木のぬくもりが感じられて良い雰囲気を作りだしています。押入れに設置しました引違のドア―です。ドアー関係は、パインのドアーをメインに取り付けています。 ≫ もっと読む

          CIMG8782syusei5.jpg
          15年07月01日
『 屋根設置の太陽光発電に関して!』

※ 今日は、太陽光発電システムの設置に関してです。周りは大きな木々がいっぱい有り設置しても日影になってしまう状況です。設置後、日影になる木を伐採するようになりますが取りあえず説明致します。屋根材がガルバニューウム鋼板なので設置に関して足が滑って大変です。そんな取付け風景を撮影しています。太陽パネルが載る準備が出来ました。縦のアルミの下地にパネルを止めて行きます。 ≫ もっと読む

          DSCF5886syusei5.jpg
          15年06月30日
『 冬の凍結対策は万膳ですか? 』配管にはヒーターを!

※ 今日は、配管についてお話致します。水道の配管には建物の床下配管と今まで通りの外壁から外に出す配管方式の2通りの工事の仕方が有りますが写真のような外壁から配管を出した場合凍結防止用のヒーターを巻いて置きます。その上に断熱材を巻いてテープを巻いて仕上げます。この写真は部屋の内部ですがどこでしょうか?今では、このような事はしないと思います。今回は、浴室になるのですがお風呂場が広くてユニットバスでは対応出来ませんので昔ながらの工法出の浴室づくりをしています。天井、壁はバスパネルを貼り床はタイルで仕上 ≫ もっと読む

          DSCF5839syusei4.jpg
          15年06月19日
『 外壁工事も、ようやく完了しました。』

※今日は、外壁工事の説明になります。※外部の外壁工事もようやく仕上げ材を完了しました。落ち着いた色の外壁になりました。林の中にマッチしています。内部の工事もだいぶ進んでいます。リビングの吹抜け部分で一番高い所の妻壁を張っています。足場に気を付けてと言ってしまいました。 ≫ もっと読む

          DSCF5829syusei4.jpg
          15年06月12日
『 内部の仕上げに関して!』

※ 内分の仕上げに関して説明致します。小屋裏部分となる部屋ですが、内部の仕上げに関しては床がパイン無垢板を張りました。下地となるコンパネ下地の上に15mmのパインの無垢板を張りました。天井もパインの板ですが厚みと表面の仕上げ方法が違う板を張りました。天井の高さを少しUP(500mm)したので床の上に壁が出来その上に屋根のタルキが載るような工事になりました。 ≫ もっと読む

          DSCF5809syusei4.jpg
          15年06月08日
『 外壁の仕上げ材は、・・・ 』

※ 外壁の仕上げ材は、金物施工によるサイディングを張りました。西側の玄関周りの外壁の様子です。山梨県北杜市は、まちづくり条例と言う規則が有ります。外壁の色も外部の自然にマッチした色に仕上げる事になります。原色のきつい色はダメになります。玄関の感じはこんな感じになりました。落ち着いた感じと思います。屋根も雪に備えて2m位前に出しています。 ≫ もっと読む

          CIMG8426syusei4.jpg
          15年06月03日
『 外壁を張りだしました!』

※外壁の工事に着手しました。外壁工事に着手しました。その下地として胴縁材を取り付けました。外壁は、縦張りに張る予定です。サイディング材金物施工による仕上げです。16mmの厚さの外壁材です。建物が、スウェーデンハウスを希望なのでその仕様に合った外壁材になります。胴縁の間隔は455mm間隔に打付けて行きます。この建物はメーターサイズですが縦張り施工なので問題なく施工出来ますね! ≫ もっと読む

          CIMG8349syusei4.jpg
          15年05月29日
『 設備の隙間を埋めておく!』

※今日は、設備回りに関してご説明します。写真のような換気扇を取り付けるパイプ回りの隙間を必ずふさいで置く事が重要となります。完成すると見た目は同じようですが冬になると隙間風が入って来るなどして部屋が寒くなりますよ。外に出る配線(外部のコンセント)になります。その線の回りの隙間と土台用に設置したボルト回りの隙間なども必ずふさいで置きます。 ≫ もっと読む

          CIMG8345syusei4.jpg
          15年05月20日
『 棟換気の完成後は、こんな感じ・・・』

今日は、棟換気口の完成後です。写真の3ヶ所くらい高くなった所が空気の抜けて行く部分です。見た感じは同じですが仕上がってからすぐに違いが出て来ます。拡大するとこんな感じになっています。周りを見渡しても棟換気を付けている家はこの辺には無いですね!結露の原因になりますね。 ≫ もっと読む

          CIMG8324syusei3.jpg
          15年05月16日
『 棟換気取付け 』必ず必要と思います。

今日は、屋根の棟に取り付ける棟換気についてです。屋根の天辺には、棟換気を付けます。付けない屋根もあちらこちらに見かけますが屋根の熱が建物の中に入り込んでしまいます。それと結露が起こります。上の写真の下側の棟換気を取り付けた後に上のカバーを取り付けます。屋根の熱は棟換気の隙間から抜けて行きます。 ≫ もっと読む

          CIMG8198syusei3.jpg
          15年05月12日
『 ガルバニューム鋼板葺き! 』

今回の屋根の仕上げは、ガルバニューム鋼板葺きです。2回目の屋根下地を終えると屋根板の上にルーフィングと言うアスファルトの防水紙を貼ります。雨漏りを防ぐ為です。写真は、ルーフィングを貼った状態です。この状態でもう雨は建物の中には入りません。屋根の仕上げ材は、ガルバニューム鋼板葺きで仕上げます。竪ハゼ吹き出仕上げます。林の中ですので、木の葉が常に屋根に落ちて来ます。林の中では、ガルバニュウム鋼板葺きが良いと思います。 ≫ もっと読む

          CIMG8168syusei3.jpg
          15年05月07日
『 10年保証・シロアリ消毒 』安全対策として!

【 シロアリの消毒を行いました。】躯体が立ち上がり外部回りの工事が進んでくると大事な工事としてシロアリ消毒が有ります。今日は天気も続いて来ていますのでその作業を行いました。専門の業者さんに行って貰い保証を掛けて貰います。外部の消毒を行っています。作業をしている時は人にも害を与える為マスク等をしています。作業を行って乾いてしまえば問題は有りません。 ≫ もっと読む

          CIMG8143.JPG
          15年05月02日
『 もう一度屋根板を貼ります。』

今日は、続きと成ります工事について説明します。棟の断熱材が届ききっちりと断熱が出来ました。断熱材のジョイント部分には気密テープを貼り気密を確保します。次の写真は上の断熱施工した写真の断熱材の上に通気胴縁を打ち付けた後に屋根合板をもう一度張った状態です。そして、棟部分を少し開けて下から上がって来る熱っ気を逃がしてあげます。仕上がりには棟カバーと言う仕上げ材を取り付けます。 ≫ もっと読む

          CIMG8113.JPG
          15年04月25日
『 屋根断熱に関して!』外断熱工法の屋根!

今日は、屋根断熱に関して説明致します。屋根の断熱材として写真のような断熱材を貼ります。40mm厚です。断熱性能をもっと上げたい場合にはさらに2重貼りにして貼れば良いと思います。内断熱より施工はしやすく確実な断熱方法と思います。そして、貼った断熱材と断熱材の合わせ目にはテープを貼り付け隙間をふさぎます。下の断熱材の無い部分は軒先となっている部分です。断熱材と軒先のベニヤとの間には30mmほどの通気口から空気が下から上に抜けるようにとって有ります。 ≫ もっと読む

          CIMG8081.JPG
          15年04月24日
『 屋根通気・金物に関して!』

今日は、屋根の断通気に関して説明致します。建物の屋根の軒先として出ている部分に関しての通気に関してですが、構造上この部分の垂木は写真のように横に材を入れてハシゴのようにして軒を仕上げて行きます。その時に、屋根が仕上がってしまうと空気が動かない状態に施工されてしまいます。そこで写真のように横の木に穴を開けて空気を棟の方に行くようにして最後に棟部分で空気を逃がしてあげる施工をして置く事が重要となって来ます。次に、垂木の下側の軒先部分には強風や台風なので軒が巻き上げられないように軒先金物(タルキ止め金 ≫ もっと読む

          CIMG8042.JPG
          15年04月23日
『 建て方・2日目 』屋根タルキの取付け!

今日は、建て方の屋根タルキのおさめ方に関してです。初日とあって屋根工事まで進むかと思っていましたが、大工さんも初めての工事だったので進み具合もあまりはかどりませんでした。そんなことで、仕事の続きになりますが写真のような大梁を入れる作業から今日は始まりました。西東とそれぞれ大梁を真ん中に入れて屋根がつながりました。今回の建物かなり東西に長い建物です。 ≫ もっと読む

          DSCF4483syusei3.jpg
          15年04月22日
『 本日は、建て方です。』

今日は、伸びに伸びていた建て方の日です。昨年暮れに基礎が間に合わなくて春まで待っていました。ようやく基礎も完成し建て方と思っていましたが天気がこの所悪かったので10日ほど伸びてしまいました。朝 8:00から作業開始しました。作業は、2 X 4 の建て方です。お客様の注文建築の依頼で建物は、スウェーデンの家です。外断熱工法による仕様です。AM 10:00 頃には、1階のほとんど壁はつながってきました。 ≫ もっと読む

          CIMG7954.jpg
          15年04月20日
『 注目の物件情報です。』

みなさん、こんにちは。今日は、現在売り出し中の物件を紹介していきたいと思います。まずは、韮崎市中田町中條に有ります一戸建住宅です。外観はこのような感じで、なんといってもガレージとしても使える広い物置がついてるのが特徴です。趣味で車やバイクをいじる部屋にしてもいいですし、農作業用の機械を入れておくのにも役立ちます。中はこのような仕上がりになっています。 アトリエとか事務所なんかでも使えそうです!天井は木の梁が見えて、味があって良いと思います。ガレージだけではもったいないかも?いろいろ自分でカスタム ≫ もっと読む

オザワホームBLOGオザワのつぶやき

オザワホームスタッフ日記BLOG日常、仕事などのスタッフブログ

オザワホーム施工ブログ手掛けている物件の様子など